FC2ブログ
■PROFILE

getuga30

  • author: getuga30
  • 大阪在住の無口な男。プロフ画像「背中に人生を」ムーンフェイスVerは「JOJO A GOGO」様から。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    セフィリア再び、ケルベロス出撃
    星の使徒…クリード=ディスケンスはそう名乗ったのですね。彼がこれ程の力を手に入れていたとは…

    復讐心は身を滅ぼします。

    いいでしょう、ジェノス。貴方に任せます。

    はぁ~、黒猫見てきてよかった。これだから辞められねぇ。この風格、桁が違う。一段と麗しくなりましたな、セフィリア女史。最後のバトルが楽しみだ。

    君とトレインとは格が違う。

    さすがはクリード。トレインを監視していました。そしてあっさりやられるデュラム。本当に格が違った。そして道案内として縄でグルグル巻きにされ、連行されるのであった。
    たしか原作の方はクリードの不興を買って殺されてたような…。どうなるんだろう?

    次回予告でケルベロス出撃。

    俺のプライドをズタズタにした星の使徒をこの手でぶっ潰す。向かう所敵無しの強襲部隊、ケルベロスの底力、クリードに見せつけてやろうぜ!

    本人曰く真面目モードのジェノスさん。うーん、そこまで傷ついていたとは…(前回、ヘリで警備がてら女をウォッチングしていたところクリードに強襲され、ヘリ爆破)。
    しかも君はリーダーじゃないだろ。いくらイケメンだからって…そこはナイザーが喋るべきだ。ともあれ次回はそこそこに楽しめそうだ。

    PSローゼンの日常パート(ギャグ)は和む。ARIA亡き後、唯一の和みだ。

    スポンサーサイト



    黒猫(BLACK CAT) | 03:53:43| Trackback(0)| Comments(0)
    さらばだ武装錬金
    赤マルを読んだ。

    最後まで存在を忘れず見届けたぞ。武装錬金。

    結局ラストの1話はご都合主義の連続で終わってしまったが(最初パピヨンと斗貴子たちが真剣に勝負してるのか最後まで?だった)放置されていた伏線は西山君を除いて解消したのではなかろうか(毒島さんの素顔除く)。

    良かったなパピヨンにヴィクトリア。復活の鷲尾たち(これが一番嬉しかった)。ロッテリや店員もまだ働いていたようだ。そしてgetugaの名前とSATELLITEの元ネタとなったムーンフェイスも…

    本当に良かったですね 斗貴子先輩ー…  …それでいい

    彼が一番健気ですね。息災で。

    勝手に選んだ名台詞BEST3
    1「謝るなよ 偽善者」…言うことなし。こんな事言って果てる敵キャラはそうは居まい。
    2「知りたいのなら教えてやる。 ただし君のその槍でこの刃を凌ぐ事が出来たらな」…リアルタイムで読んでいてこのシーンはトップを争う程に燃えた。この時の秋水は輝いていたな(親元から知らず知らずに誘拐されて、あげく誘拐犯が過労死?し、腐乱した死骸とともに監禁くらってたという回想は評判が悪かったが、個人的には深い味があった)。VS秋水は名勝負。
    3「オレは今度こそブラボーな部下を死なせはせん!!」…御存知、LXEとの決戦でブラボーVSムーンフェイスの時の名台詞。その前のムーンの「ゴールはキミの死!」の宣告がより一層引き立てることになった。結局ブラボーが勝利するのであるが、この時のバトルが省略されたのは残念である。

    かれこれ2003年から2006年まで続いた武装錬金。そこそこ熱くて面白い少年漫画であった。

    武装錬金 | 00:43:40| Trackback(0)| Comments(0)