FC2ブログ
■PROFILE

getuga30

  • author: getuga30
  • 大阪在住の無口な男。プロフ画像「背中に人生を」ムーンフェイスVerは「JOJO A GOGO」様から。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    遠日奏
    このゲーム(StarTRain)。まず、何が凄いかというと最初に、主人公の元彼女とやらの話を回想として延々されるところ(後々そいつは出てくる)。この尺をもう少し本編に分配していたら、どうなっただろう。

    ヒロインの中に、ツンデレ担当と思われる「遠日奏」というのがいて…。
    幼女の頃から主人公に片思いという設定である。主人公が彼女と別れるや、だんだん積極的になり…。ついには、恋人でもない他人に…朝起こしに家庭訪問。朝飯・昼飯作ってくれる。主人公が一人暮らしするつもりなら飯を作りに来てくれる発言。

    どこまで、お人好しなんだ。俺もほんの少し(一桁台。初めてのエロゲから2年くらいが経過した)はエロゲを知っているが、ここまでする奴は凄いぞ。ただし、奏ではツンデレなので、口では好意を否定し続ける。もちろん主人公は鈍感な奴(こいつの鈍感レベルも凄い)だから、健気で仕方がない。鈍感なのは定番だから、せめてもう少し温かく接してやれよと思った。例えば感謝の言葉とか、あるいは感謝の言葉とか、ひょっとして感謝の言葉とか…
    当初、俺はニヤニヤしていたが、途中からは、そうもいかない。さすがに焦らしすぎ。
    他のヒロインルートだと、ガッカリする奏が見られる仕様のようだが、もちろん、そんなマネはできない。せっかく主人公が彼女と別れて、張り切っているのにかわいそうじゃないか。…怖いもの見たさというものはあるが。

    いくら世捨て人を気取っている俺でも即陥落するぞ。そして「大した奴だ…」「君は最高だよぉ」と絶賛の言葉を惜しまないがな(どっちもパロディです)。両親よりも慕ってしまいそうだ。
    俺だったら奏に読ませてあげる漫画は「斬」だな。すぎたんの漫画の世界観、台詞回しが好きだ。是非布教したい(「破天荒」と「唐草模様」も持ってるし)。別に武装錬金でもいいが。

    16歳の時にアニメのスクラン(一期は相当楽しめたんだがな…)を見て以来、慣れや耐性が出来てしまっているが、これを16の俺に見せたら、どういう反応をするか興味がある。とはいえ、今までやってきたギャルゲ・エロゲの中では一番萌えたと言えるかもしれない。今回、耐性が大幅に強化されたので、俺をこれ以上に萌えさせるのは困難だろう。奏は見た目も最強レベルだし(俺の趣味では)。巫女さん姿の破壊力は異常。巫女さんなんて今まで眼中になかったし。

    ヒロイン視点で、その葛藤を描いた点は感心した。今まで主人公の視点からしか知らなかったんでね。このゲーム、検索してもあまり出てこなかったが、マイナーなんだろうか。信じられん。

    いいものを見せてもらったので、とりあえずは俺も車の免許取るのを頑張るか。

    スポンサーサイト



    未分類 | 07:23:15| Trackback(0)| Comments(0)
    夜が来る!を攻略
    思ったより早く完結した。赤の要素石2で攻撃力を強化したショーテルで最終章に臨んだ。レベルは22(途中で23に。攻略サイトによると、これぐらいのレベルが必要らしい。ぎりぎりの戦いになるだろうと思われた)。最終章は2大ボスキャラとの対戦。
    ソウジのHPが3000と聞き、少し前にイベント戦闘とはいえ、ボコボコにされたので、勝てるかひやひやして、挑んだものだが、ソウジはタフで、勝つまでに15ターン前後かかった。

    「こいつ、いつになったら倒せるんだ」 
    長期戦になった。しかし、思っていたより、敵(ソウジ)の攻撃力が低かったので、特にピンチに陥ることなく勝つことができた。「これなら最後も勝てるかも…」と希望を抱き、そのままコウヤを倒しに直行。ソウジよりも手強いんだろうと覚悟。早期決着を狙い、羽村(主人公)の武器の射程を伸ばし、1ターン目から、後方の奴(コウヤ)を攻撃できるように準備。
    攻略サイトを活用させてもらい、最後の10階へ。戦争映画の真似をして、PCの前でたまに「charge!」とつぶやいて気合を入れながら…(やはり銃剣突撃のシーンが一番燃える)。イメージ↓
    ttp://jp.youtube.com/watch?v=2JQN_jlJtwk&NR=1

    しかし、奴の1回あたりの攻撃でくらったのは1~約30でしかなかった(羽村のHPは約200。味方パーティーは羽村の他に鏡花・ホッシーの合計3人である)。拍子抜けしつつも、普段使わない技まで使ってみる余裕っぷりで、一度も回復アイテムを使わず、5ターン目くらいで決着。おかげで思っていたより、最後の達成感を味わえず残念だった(えっ?、もう終わり?)。

    一番パーティーで戦闘で貢献したのはホッシー(長身、イケメン、面白い。しかも燃える。まさに高スペック)だろう。持ち前の命中率でクリティカルを連発。他の二人より、少し格が違う攻撃力。フィールドに隠れてるモンスターも発見してくれる。彼が一時戦線離脱した時は戸惑った(代理にはマコトを入れた)。構想では上限の3人目のメンバーには、百瀬(能力を持たないのに戦う。熱血タイプ)を起用したかったんだが、あまりにもホッシーが頼りになるもんで、ほとんどホッシーで固定するに至った。それに比べると、羽村は攻撃力も防御力も低くて(俺の育て方もあるんだろうが)、残りHPが低い敵のトドメにあてていたな。一番バランスが良かった気がするのは鏡花か。
    今思えば霊力値を惜しみすぎて(少しだけ使ったマナミの霊力値消耗のイメージが強すぎた)、ほとんど全員通常攻撃で倒したのが、かなりもったいない。鏡花が全体攻撃できるの気付かなかった。

    なかなかの燃えゲームだった(RPG部分の方がずっと多いし、ほとんど萌えることはなかった。あえて言えば、ストーリー上、いい場面で意外に活躍してくれたマコトの魅力に気付く。ただし「燃え」だが)。クリアまでの時間が制限されていることも、セーブできるポイントが少ないのも、見方を変えれば緊迫感を与えてくれる燃え要素だ。
    敵に見せられた幻で病んでいた新開さん(仲間キャラ。面倒見が良さそうなマッチョな男)がいずみ(正ヒロイン)へのレイプ未遂でいたたまれなくなって失踪し(失踪したままでもゲームは攻略できてしまうが、後に俺は回収に行った)、「仲間が傷付くのは嫌だ」といずみが皆の記憶(新開・マコト除く)を消して、チームを解散する場面。もしやゲームオーバーか!?と素直に唖然としたものだ。その後、敵の計画成功が目前になった段階で、羽村が「(護章を)かざすんだな!」とかっこいいBGMと共に記憶を取り戻す。皆も同様に記憶を取り戻して再結成(一人で戦ってるいずみとも合流する)。ここが、燃えの絶頂だった。

    前にも書いたが、キャラもいい。いい奴らだ、天文部。レイプ未遂だって噂にするような奴らでは、ないと思う。もう、こいつらと新たな敵と戦えないと思うと、喪失感でいっぱいだ(難易度変えようが、話は変わらんし)。それと、声もいい。ホッシーとサカキさんが特に。この二人の声は、もっと聞きたいが、声優未公開だしなぁ…(サカキさんは刃霧っぽい声だな)。男キャラのCGも欲しかった(エロゲだけど、野郎三人でパーティーを組みたいぐらい男キャラが魅力的だ。女っぽい顔の奴がいないのが良い。それと、ウホッな意味ではない)。
    肝心の鏡花は、意外?にあまり尖ったかんじでは無かった。頼れる相棒(実際、ダンジョンでは、やたらと多い罠を発見してくれる)、かな。ホッシー・鏡花の二人は外す気がなかなか起きない。

    他にも色々書きたいことはあるが、一つ言うなら、復活したハイジとの再戦がなく、存在もスルーされたことが寂しかった(別ルートで戦えるらしい)。小物臭くてわかりやすい敵キャラの彼(とにかく女とやりまくってた印象が強い。捨て台詞も犯してから殺してやるだし)は、サカキさんと共にお気に入りの敵キャラだったのに(サカキさんともイベントではなく、正式に戦いたかった。終盤、仲間キャラとして使えるようになっても、それはそれで歓迎する)。

    未分類 | 21:45:24| Trackback(0)| Comments(0)
    夜が来る!
    突然だが、ニコニコのmadを見て「夜が来る!」を数ヶ月前に買った(ちなみにニコニコを見ていると、意外にリア充もエロゲをやっているようで、衝撃を受けた)。それからしばらく放置していて、一週間くらい前からやり始めた。RPG(エロゲでもあるんだが)をやるなんて、中学以来だ。
    このゲームはゲーム中の時間に制限があるので、気楽にやれない。イベントダンジョンに行くと脈拍が早くなってしまう。攻略サイトを見ながら進めていく(そういえば小学校の頃、チョコボの不思議なダンジョン2をクリアするのに1年もかかった。ポケモンをクリアするのに数年要したと言う猛者も高校時代にいたが)。

    他に、もっと頻繁にセーブさせて欲しいのと罠の数が多すぎることが不満だ。いいところは、脇役キャラ(ホッシーとか)、音楽、世界観だろう。最初は鏡花目当て(沢近の元?と聞き、どんな人物か知りたくなった)だったが、偶然見てしまったネタバレで結構興味を失ってしまったので、今はRPGとしての展開の方に興味がある。

    主人公の装備は、百瀬登場まではショートソード、ハイジ戦は日本刀で戦った。現在(8月1~2週目)は匠の木刀で戦っている。最後はカトラスかショーテルで戦いたい。レベル上げばっかりで(現在の主人公のレベルは15)ろくなアイテムを持ってないが、この先大丈夫だろうか?主人公の防御力が低いのも悩みだ…。素早さ・器用さ重視で育成しているだけに、回避率が高いが、当たるとやばい。

    二周目以降は、めんどいので、忘れた頃になるまではやらないだろう。

    未分類 | 08:15:02| Trackback(0)| Comments(0)