FC2ブログ
■PROFILE

getuga30

  • author: getuga30
  • 大阪在住の無口な男。プロフ画像「背中に人生を」ムーンフェイスVerは「JOJO A GOGO」様から。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    セフィリア登場!
    何もしてないと思うのに2chのアクセス規制にかかった俺が来ましたよ。

    ARIAは社長が可愛かった。動物って可愛いんだなぁ。

    リボーンはなんと雲雀の乱入であっけなく骸が倒されてしまいました。
    キャラが立ったと同時に殺すとは想定の範囲外だ。

    Arrivederci(アリベリーチ。「また会いましょう」の意)。

    ズガン…。骸死亡。

    まぁ、少なくとも骸の力は生きてるようでビアンキが何かに目覚めたようです。あんまビアンキ好きじゃないんだよなぁ(日常のギャグに飽きて黒曜に入るまでしばらく読んでなかったくらいだし)。あと雲雀も底が見えた感じが否めない。

    ホリランはユウがバックドロップをきめました。

    そして黒猫だ。大阪は昨日が5話だったのですが、この話でセフィリアがいよいよ話に絡んできます。そのせいか頬が緩みっぱなしでした。

    ハートネット、待ちなさい。

    しゃ…喋った…

    次に会う時はそこが戦場になると覚悟しなさい。

    そして回想。

    世界の安定の為に共に戦いましょう(トレイン入隊の時)。

    おいおい、そんな言葉をかけてもらえる特典付きなのかよ

    アニメスタッフがよくやってくれてると思う点の一つはクリードのキャラが立ちまくって退屈しないという点である。薔薇を持参してトレインの説得を志願したクリードは「やぁ」と言ってトレインの前に現れ、さらにお手合わせを願いますが…。

    素晴らしいよ素晴らしいよ君は最高だよと連呼してニヤニヤしつつ戦っております。
    銃を頭につきつけられても…

    見えるよぉ。僕には見える! 明日への扉が…君との輝かしい未来がっ! 今日は…なんて素晴らしい日なんだろう!

    電波だな。だが、それがいい。トレインは結局ついていけなくったので退きますが、至福の時間を噛み締めているクリードはクロノスのお目付がトレインを「あの男」呼ばわりされたことに取り乱し、殺してしまいます。

    しかし、この頃のクリードはたしかに強いのでしょうが、ベルゼに「お前は無理だ」呼ばわりされるなどどうも低く見られています。

    それから、サヤとじゃれあっているトレインを見たクリード。
    うぅ、なんなんだ、あの女は…僕の大切なトレインに何を吹き込んでいる…魔女めっ
    ストーキングしておりました(ちなみに俺はサヤがあまり好きでない。ノリが軽すぎるから)。

    最後の場面。トレインを使徒に勧誘しに来たトレイン。そこに現れたセフィリア。
    「邪魔をするなら…死んでもらうよ。これは祭が始まりそうだね・・・血祭りが!トレイン!僕と二人でこいつを血祭りにあげようよ」とか一人ハイテンションな割にはあまり相手にされてませんね、クリード。
    「お黙りなさい!汚れた心が力を手にするとあなたのようになる!」とか言われてるし。

    クロノスは平和の為に戦っています。何故なら…力あるものがほしいままに振舞えば、世界は乱れます。クロノスを裏切る者には、このクライストで裁きを与えます!

    トレインがあくまで応じないないので「んっ…」と困った表情がGOODでした(いつも同じ顔をしているので)。俺もセフィリアにお茶を一服賜りたい。このままクリードが電波発言を繰り返せばカテゴリを作らざるおえまい。

    あーっと、席替えしたところ回りがDQNとかヤリマンばっかになりました。もはや終わっとります。
    スポンサーサイト





    黒猫(BLACK CAT) | 12:01:40| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する