FC2ブログ
■PROFILE

getuga30

  • author: getuga30
  • 大阪在住の無口な男。プロフ画像「背中に人生を」ムーンフェイスVerは「JOJO A GOGO」様から。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    DQNとの戦い
    この時がやって来たか。

    下足室。

    通りかかるDQN(目付きとオーラが半端無くヤバイ。というかラリッてる。カトーみたいに。外見はタカみたい。ttp://www.younganimal.com/holyland/chara/index.htmlのキャラ紹介)。問答無用(むしろ無口無言)で突然胸ぐらを掴まれる俺。
    危険と判断した俺はDQNの右手を左手で上から抑えつつ(ボクシングなんかで言われているパリングみたいな感じで)顎に掌底(しょうてい。文字通り、手のひらの付け根?で殴る。護身術や軍隊格闘術なんかで使われてたり格闘漫画で出たり。ホリランでマサキが使っているのを見て以来掌底カコイイと思っている俺)を炸裂させる。

    DQNは傘立ての方へ後ろに態勢が崩れるが、手は相変わらず俺から離れていない。相手の腕を見ると…漫画で書かれたような太い腕をしている(なんか黒い線が浮き上がっている)!

    危険だ!

    隙ができたので俺逃亡。追うDQN。いつもより2倍くらい早いスピードで逃げる。しかしDQNも信じられないくらいのスピードだ。人の間を風のように突っ切るが、まだ競争は終わらない。
    しかし、この戦いは思わぬ形で終結を見ることになった。
    数秒後、人ごみに突入。教師か。急にしおらしくなるDQN。戦闘終了!?なんなんだ彼奴は…

    停学にならなかったぜ、と喜ぶ俺であった。

    一件落着…



    ええ、夢の話ですよ

    こんなのリアルに比べて格好良過ぎるっての(夢の中でも何かの組織などを相手に、逃げてばっかりだっての。夢の中で俺が敵に向けて攻撃するという展開は初めてじゃないか?)
    たまにネタになりそうな夢を見たら恥を知りつつも書いてみようと思う。
    DQNに一泡吹かせることができた美味しい夢だったが(やはり掌底が使えたのが嬉しい)まだまだ理想には遠いものである。
    しかし、この夢を通して体格というものの重要さを改めて認識させられた(一発程度あてても大したダメージにならない)。一番の護身は体を鍛えることと言うが本当らしい。俺は見てないが何故曙は負けるんだ?
    スポンサーサイト





    未分類 | 19:25:58| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する